艦船の速度

三種類の要素

EVEONLINEにおいて、艦船の速度を決める要素は以下の三種類があります。

最高速度[m/sec]

通常航行時の速度です。
戦闘時に重要となります。

シップワープ速度[AU/s]

ワープ時の速度です。
輸送などの移動時はこちらが重要です。

機動性

艦船の加速性や旋回性を決定します。
戦闘時も輸送時も重要な要素です。
艦船の機動性は船体質量が大きいほど悪くなり、慣性修正乗数が小さいほどよくなります。

機動力の算出については、Nicolas Ulsvaleさんが以下のページで詳しく解説して下さっています。

「Massについて」 Resident Eve
http://everesearcher.blog.fc2.com/blog-entry-21.html>(アクセス:2014年7月25日)

速度に関係する装備

最高速度を上げる装備

アフターバーナーとマイクロワープドライブ

どちらも起動することで一時的に艦船の速度を上げる装備です。
アフターバーナー(AB)の方が加速は少ないですが、キャパシタ消費は少なめです。
マイクロワープドライブ(MWD)は大幅に加速できますが、キャパシタ消費は大量です。
また、ワープ妨害をかけられた場合、ABは起動できますが、MWDは起動できなくなります。

オーバードライブインジェクターシステム

船の速度を上昇させる装備です。
副作用としてカーゴ容量が低下します。

ワープ速度を上げる装備

  • リミテッドハイパースパシャル加速器
  • プロトタイプハイパースパシャル加速器
  • 実験的ハイパースパシャル加速器
以上の三種があり、ワープ速度と加速性を上昇させます。

機動性を上昇させる装備

ナノファイバー内部構造材

艦船の最高速度を上げ、慣性修正乗数を下げる装備です。
ただ副作用としてストラクチャのHPが下がります。
ナノファイバー内部構造IIは上昇能力に対して副作用が大きいので、
ローカル船体改造ナノファイバー構造Iが最もよく使われます。

※アップデートでアイテム消滅

慣性制御装置

艦船の慣性修正乗数を下げ、機動性を上昇させる装備です。
副作用としてシグネチャ半径(レーダーの見かけ上の大きさ)の増大があり、敵にロックオンされやすくなります。

ワープコア制御装置

ワープ妨害への耐性を高める装備です。
主に非戦闘艦に装備されます。

ワープ時のテクニック

ワープの開始条件は、
  • 目標地点の方角を誤差5度の範囲内で向いている
  • 最高速度の3/4以上の速度が出ている
であるので、これを意識することで、迅速なワープが可能です。
安全な輸送においても必用な知識ですので、輸送ページでも解説しています。

高速ワープ

  1. ワープorジャンプを開始する
  2. MWDを起動し直ぐに取り消す

これを行うことで速やかにワープへと入れます。
ただし、ABでは起動取消後の速度が足りないのでこのテクニックは使えません。
また小型船では実感できる程の違いはありません。

擬似クロークワープ

  1. 目標に軸合わせ
  2. 遮蔽装置を起動し、クローク(※メタレベルが高いものの方が成功しやすい)
  3. MWDを起動
  4. クロークの影響でMWDは1サイクルで終了するので、それと同時にクロークを解除
  5. ワープorジャンプをする

このテクニックもABでは起動取消後の速度が足りないので使えません。
遮蔽装置をクリックして、アイコンが1回緑に点滅したら、すぐMWDを起動するくらいのタイミングでやると、
クロークし損ねにくくなります。

クロークワープ

  1. 目標に向かってワープします
  2. 隠密行動用遮蔽装置を起動します

テクニックと呼べないほど簡単なものではありますが、軽トラやopsの運用に最も大事なことです。

テクニック参考文献

「ガイド : クローク (遮蔽) + MWD トリック」 EVE-J

備考

宇宙航行リグや、インプラントを用いることで更に艦船の速度や機動性を上げることが可能です。

  • 最終更新:2015-02-08 18:42:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード