戦闘の基礎


四属性

攻撃には
  • EM:electromagnetic=電磁気によるダメージ
  • サーマル:熱エネルギーもよるダメージ
  • キネティック:運動エネルギーによるダメージ
  • エクスプローシブ:爆発ダメージ
の四属性があります。

主にアマー帝国の船が使うレーザータレットは、EMとサーマルのダメージを与えます。
主にガレンテ連邦の使うハイブリットタレットは、キネティックとサーマルのダメージを与えます。
主にミンマター共和国の使うブロジェクタイルタレットは、装填する弾薬により選択ができます。
主にカルダリ連合の使うミサイルランチャーは、装填するミサイルにより選択ができます。

三段階のHP

全ての船には三段階のHPがあり、
  • シールド
  • アーマー
  • ストラクチャ
があります。

カルダリとミンマターはシールドを防御の主力としています。
アマーとガレンテはアーマーを防御の主力としています。

シールド防御の船はアーマーは貧弱なので、シールドHPが1/2~1/3ほどになったら逃げましょう。
アーマー防御の船はシールドは貧弱で、直ぐに破られますが、アーマーが半分程度まで残っているうちは慌てないようにしましょう。

ストラクチャーはどちらでも貧弱なので、ここにダメージが通ってしまうようでは手遅れの場合が多いです。
即逃げましょう。

各属性のレジスタンス

レジスタンスとは、他のゲームで言えば防御力のことです。
EVEONLINEでは防御力は、各属性ごとに存在し、レジスタンスと呼ばれます。

以下の画像は艦船装備画面の右側です。
regist.png
画像の左の上から、
  • 1秒ごとのシールド自然回復率
  • シールドと、そのHPと全回復に必要な時間
  • アーマーと、そのHP
  • ストラクチャーと、そのHP
です。

画像のパーセンテージは
青はEMダメージに対するレジスタンス
赤はサーマルダメージに対するレジスタンス
灰色はキネティックダメージに対するレジスタンス
黄色はエクスプローシブダメージに対するレジスタンス
を表します。

もちろんパーセンテージが高いほうがレジスタンスが高い=攻撃が効きにくいということです。

シールド防御の船の場合も、アーマー防御の船の場合も、
まずはそれぞれの全属性防御を1~2個つけます。

そしてレジストが最も低いものを上げる装備を1つつけます。
シールド防御なら、シールドのEMダメージレジスタンスを上げる装備を、
アーマー装備なら、アーマーのエクスプローシブダメージレジスタンスを上げる装備をつけます。

敵NPCの弱点属性と攻撃属性

勢力 弱点属性 攻撃属性
エンジェルカルテル エクスプローシブ
キネティック
エクスプローシブ
キネティック
ブラッドレイダー盟約 EM
サーマル
EM
サーマル
ガリスタス海賊団 キネティック
サーマル
キネティック
サーマル
サーペンティス キネティック
サーマル
サーマル
キネティック
サンシャ国 EM
サーマル
EM
サーマル
ローグドローン EM
サーマル
エクスプローシブ
キネティック
一部全属性
スリーパー 無し 全属性

キャパシタ

キャパシタは、他のゲームでいうところのMPです。
装備を使うにも、ワープをするにも使います。
基本的には自然回復のみです。
これがなくなると多くの装備の起動もワープでの逃亡もできなくなるので嬲り殺しにされます。
気をつけましょう。

Cap.png
上の画像のように、艦船装備を開いた時に、できるだけキャパシタの部分が安定と表示されるようにしましょう。

どうしてもキャパシタが安定しないときはキャパシタリチャージャーや、
パワー計測システムを装備することでキャパシタの回復速度を上げることができます。

また、それでもキャパシタが安定しないときは、アーマーリペアラーやシールドブースターを不必要なときは確実に切っておきましょう。
meter.png
キャパシタの管理は、中央の黄色い放射状の点線で確認できます。

前述の通りキャパシタの不足は死に直結します。
NPC敵やPvPerの中には積極的にこちらのキャパシタを消して来る者も多いです。
これらは通称ニュート装備と呼ばれ、スモールエネルギーニュートラライザーIなどです。
また相手のキャパシタ残量の方が多い時は小型ノスフェラトゥIのようなキャパシタ吸収装備も使えます。

これらに対抗するためPvPではキャパシタブースターを装備し、
それにキャップブースターをチャージキャパシタを急速回復します。
(※他MMOでいうとマナポーションのようなものです)

射程距離と追跡速度/精度

射程距離

武装にはそれぞれ射程距離があり、装填する弾薬によっても伸び縮みします。

range.png
ミサイルランチャー以外の武装には最適射程距離も存在し、これ以上の距離で射撃すると威力と命中率が低下します。
これらの情報は、装備画面か宇宙空間で、武装のアイコンにマウスカーソルを合わせることで確認できます。

注意

いくらスキルが高くても、ターゲティング距離が短ければ、目標をロックオンできません。
武装の射程距離に合わせて、長距離補足技術スキルを鍛えたり、センサーブースターを装備しましょう。

追跡速度/精度

近距離戦闘において最も重要なパラメータです。
敵の速度が早ければ、砲塔を敵に向けるのが間に合わなくなり、攻撃が当たらなくなるからです。
ですので、近接戦闘をする船では、この数値が出来るだけ高い武装を装備しましょう。
追跡速度は運動予測のスキルレベルを上げることで、能力値を上昇させられます。

自身の武装の追跡速度を上げるだけでなく、
ステイシスウェビファイヤーで相手の速度を下げることも効果的です。

射程距離と追跡速度/精度の相関の素早い理解のために

それぞれを人間の目に例えてみれば分かりやすいかもしれません。

射程距離は純粋な視力です。
対象が遠く離れれば見えなくなりますし、近くなればハッキリと見えます。

追跡速度/精度は動体視力です。
対象が遠く離れていれば止まっているような速度に見えても、目の前まで来ると目で追う事は至難かもしれません。

このことから、敵がある程度ハッキリ見えて、ある程度目で追える距離に捉えることが重要であることがご理解いただけるかと思います。

オービット

オービットとは、目標の周りを回ることです。
動きつつ、前述の射程距離を保つ効果の他に、敵の攻撃を直撃させにくくできます。

ミサイルランチャー以外の武装では、砲台を目標に合わせて追尾させる必要があり、高速で放題の射角から外れていくことで、直撃を避ける効果があるのです。

オービットの距離の指定は
orbit1.png
宇宙空間で右上のオービットのアイコンを右クリックし、オービットのデフォルト距離の設定をクリックし、

orbit2.png
距離を入力することができます。

以降、オービットのアイコンをクリックするだけでいつでも設定距離でオービットできるようになります。
「一定距離を保持」のデフォルト設定も同様に行えます。

オーバービュー上でショートカットキーを使うとさらに操作が楽になります。

引き撃ち

敵NPCが多い場合、敵が来るのと反対側の惑星やステーションなどのオブジェクトに向かって軸合わせをしておきましょう。
射程距離ギリギリの近い敵から倒すことで、ダメージを少なく大量の敵を倒せます。
引き撃ち1.png

敵は意地でも自分の武装の最適射程距離でオービットしたがります。
その習性を利用し、敵の速度以上に速く離れ続けることで、敵の動きを直線的なものにでき、大幅な命中率とダメージの上昇が期待できます。
離れすぎて、そもそも射程範囲外になったら一度立ち止まりましょう。
引き撃ち2.png

また、ワープのプロセスが、
目標物に対する方向転換→加速→ワープ
であるのに対して、

軸合わせは、
目標物に対する方向変換→加速
を行います。

なので危なくなった時に逃げるためにも敵の多いミッションでは有用なテクニックです。

卵逃げ

PvPで、轟沈が避けられないと判断したら逃げる準備を開始しましょう。
高価なインプラを失ったり、スキルクローンの更新忘れでスキルを忘れるより余程マシです。
また、卵=脱出Podを割られると相手に優越感を与え非常にむかつきます。

やり方

  1. 轟沈前にオーバービューから適当な惑星等の遠方のオブジェクトを選び軸合わせをしておく
  2. 轟沈寸前になったら、右上の選択アイテム欄から0以内へワープを連打
  3. 上手く逃げ切れたらすぐに最寄りのステーションへ入港

  • 最終更新:2017-01-09 12:53:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード