スタンディング(友好度)

スタンディングとは

友好度の事です。
プレイヤー・NPCの全てのキャラクター、コープ、アライアンスに存在します。
基本のスタンディングは0.0で最高は10.0、最低は-10.0です。
NPC勢力からプレイヤー達へのスタンディングは主にミッションによって増減します。

スタンディングの効果

1.ミッション

ミッションエージェントの所属コープからスタンディングによって、受諾可能なミッションのレベルが変わります。
スタンディングが上がるほど、受託可能なミッションのレベルは増えていきます。

スタンディング 利用可能レベル
- L1
1.0以上 L2以下
3.0以上 L3以下
5.0以上 L4以下
7.0以上 L5以下

2.取引税

マーケットを利用するステーションの所有NPCコープからのスタンディング高ければ、取引税が減額されます。

3.精錬

通常は、精錬に用いるステーションの所有コープの取り分が5%ありますが、
そのコープの所属アライアンス、又はそのNPCコープ自体のスタンディングが6.67 以上で、
NPCコープ側の取り分が 0% になります。

4.ジャンプクローンの作成

プレイヤーか、プレイヤーの所属コープへのNPCコープのスタンディングが8.0以上で、
そのNPCコープの所有ステーションでジャンプクローンが作成できます。
ただし、医療施設があるステーションでしか作成できません。

5.ハイセクでのPOS建設

POSを建設したいシステムを領有しているファクション(ジョビ以外の四大国)の、
プレイヤーコープへのスタンディングが6.0以上で建設可能です。

6.大国(ファクション)のスタンディングの影響

アマー、カルダリ、ミンマター、ガレンテなどの大国のプレイヤーに対するスタンディングが
2.0以上になると大国に所属する全てのNPCコープのスタンディングもその影響をうけます。
つまり、ファクションスタンディングの高さによっては始めから高レベルのミッションを受諾できるようになります。

逆に-2.0以下になっても大国に所属する全てのNPCコープのスタンディングもその影響をうけます。
つまりL1ミッションしか受けられなくなります

また、-5.0を下回ると、その国のスターゲートのセントリーガンや警備艦隊に攻撃されるようになります
同様に特定NPCコープのスタンディングが-5.0を下回ると、そのコープのステーションのセントリーガンに攻撃されます。

プレイヤー間のスタンディング

主に敵対関係や同盟関係を表します。
友好的なスタンディングのことをブルー、
敵対的なスタンディングのことをレッドと言います。

主にヌルセクにおいてこのスタンディングによる2つの方針、

  • NBSI・・・Not Blue Shoot It. :ブルー以外は撃沈する。
  • NRDS・・・Not Red Don't Shoot.:レッド以外は撃たない。

があります。
現在はほとんどのアライアンスはNBSIです。

NRDSの例外は、プロビデンスリージョンを領有するCuratores Veritatis Alliance、通称CVAくらいでしょう。

  • 最終更新:2014-08-02 14:46:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード