システムセキュリティー(SS)

システムセキュリティー(SS)

そのソーラーシステム(星系)の安全度を示すステータスです。最高1.0。
また星系だけではなく、プレイヤーにもSS(セキュリティーステータス)は設定されている(後述)

ハイセク

SSが1.0~0.5のシステム。
大国の中心宙域であり、他プレイヤーを攻撃すれば、コンコード(NPC警察)に撃沈される。
ただし、高価な積み荷を積んでいると、自艦の轟沈前提で攻撃し、仲間に積み荷を回収させる海賊プレイヤーも多い。
ただ単に嫌がらせや愉快犯で攻撃してくるプレイヤーもいるので、過度な油断は禁物である。
ちなみにSSが高いほどコンコードの対応も早いが、逆もまた然りなので、0.5あたりは相当危険である。

宇宙に浮いている、オーバービューでは黄色いアイコンのアイテムを拾うと窃盗になる。
その場合、窃盗したプレイヤーに対して、アイテムの持ち主は撃沈許可を得る。
よってわざとアイテムを拾わせることで、リスク無しに襲ってくるプレイヤーも存在する。

ローセク

SSが0.4~0.1のシステム。
大国の辺境宙域であり、主にPvPプレイヤーの生息場所。
コンコードは存在しない。
ただし、他者を攻撃後、約15分間はスターゲートやステーションに接近するとセントリーガンで撃沈される。

ヌルセク

SSが0.0のシステム。
大国の領有宙域外宇宙で、アライアンスの領地戦の舞台。
違法行為は存在しない。

しかし、そのシステムを治めるアライアンスと友好関係でなければ、何もしていなくても在住プレイヤーに撃沈される。
例外的にCuratores Veritatis Allianceは彼らのルールを守る限りはその統治宙域での活動も認めている。
通称CVAは主にプロビデンスリージョンの統治権を持つ。

プレイヤーのセキュリティーステータス

コンコード(NPC警察)からプレイヤーへのスタンディング(友好度)のこと。
0.0から始まり、違法行為をする度に下がっていく。

違法行為とは、殺害許可が無い状態で、ハイセク・ローセクで他者へ攻撃すること、違法物を運ぶ事である。
違法物とはブースター(麻薬)や、アマー領以外での奴隷である。
また、ハイセクローセクにおいて、殺害許可があっても相手のPodを撃沈すると大幅に低下する。
例外は戦争中の相手と、セキュリティーステータスが-5.0以下のアウトローだけである。

セキュリティーステータスが低下していくと、
  • -2.0以下で1.0以上のシステムで
  • -2.5以下で0.9以上のシステムで
  • -3.0以下で0.8以上のシステムで
  • -3.5以下で0.7以上のシステムで
  • -4.0以下で0.6以上のシステムで
  • -4.5以下で0.5以上のシステムで
  • -5.0以下でハイセクで
問答無用で撃沈される

SSが-5.0以下のプレイヤーをアウトローと呼び、全てのプレイヤーはアウトローに対して殺害許可を持つ。
ただし、SSが-5.0ということは、彼らは散々他人を撃沈してきた強豪PvPプレイヤーということでもある。

  • 最終更新:2017-02-02 21:56:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード