アマー帝国

未成形殴り書き中

概要

ニューエデンで最大の領土を誇る封建制国家である。

目次



歴史

年代 出来事
YC前6766年 惑星アスラでアマー帝国初代皇帝アマシュ・アクラが戴冠
天使セラフィムが降臨し、皇帝に錫と王冠を授けた
YC前3214年 惑星アスラでアマー帝国の本拠地であるアマー大陸にウード人が侵攻
YC前3158年 「大教化」を開始
神の名の下に惑星全土の征服に乗り出す
YC前2865年 帝国がウード人の国家を全て征服する
YC前2692年 惑星アスラ全土の征服を完了する
その後惑星アスラは、惑星アマープライムと呼ばれるようになる
YC前1946年 アマー-へディオン間にスターゲートを設置
帝国の宇宙大航海時代の幕開け
YC前1890年 アーディシャパー家出身の狂帝ザラグラム二世が戴冠
ザラグラム二世は自らの神格化のために、シティ・オブ・ゴッドを建設
アマー経典が狂帝により大幅に改竄される
YC前1813年 イーラー星系で他文明と接触
征服とイーラー人の奴隷化を行う
YC前1776年 狂帝ザラグラム二世が孫の聖テトリモンに暗殺される
聖テトリモン教団によりアマー経典の浄化修正が行われる
使徒会の権力が強まる
YC前1361年 帝国のモラルリフォームの開始
皇帝ヘイデラン五世が帝位を神聖化
権力が皇帝の手に戻る
逆に使徒会の権力は制限される
YC前1286年 モラルリフォームの終了
使徒会は解散となり、代替組織として宗教協議会が設置される
YC前881年 アマー帝国がパター星系に到達
技術力の劣ったミンマター人を拉致し奴隷化を開始する
YC前756年 アマー帝国がミンマターの征服開始する
その日は惑星マターは史上最大の大嵐の直後だった
この事件はDay of Darknessと呼ばれるようになる
YC前616年 皇帝ダミウス三世崩御
皇帝ヴェレヌス四世戴冠
YC前594年 ヴェレヌス四世がアーディシャパー勅令を発令
以後、アーディシャパー家の世継は腕を切断されることになる
原因は会食中に、皇太后ファナカのペットが
アーディシャパー家当主の料理を台無しにし、
怒ったアーディシャパー家当主は皇太后のペットを斬殺したため
YC前289年 ミンマターのスタークマニール部族の反乱
アーコン・アーディシャパーが暗殺される
息子のアイドニス・アーディシャパーにより、
スタークマニール部族の居住するオーザット第二惑星に対して爆撃
スタークマニール部族はほぼ絶滅
YC前195年 皇帝ヴェレヌス四世崩御
皇帝ヘイデラン七世戴冠
戴冠に失敗したクーニッド二世は帝国を離脱
クーニッドリージョンにクーニッド王国を建国
その際、帝国第三艦隊及びタイタン一隻を持ち去る
(※当時の帝国はタイタン級は二隻しか無かった)
YC前178年 帝国がジャンプドライブ技術の開発に成功
YC前56年 帝国が、ガレンテ人、カルダリ人、ジョビ人とファーストコンタクト
YC前20年 帝国がフロル星系第6惑星エアンナを征服
アマー-ジョビ戦争勃発
帝国の大敗北
同年のミンマター蜂起の原因となる
ミンマター蜂起が起こる
アマー人領主はミンマターの領域から追放される
皇帝の庇護を受けていたネファンター部族もミンマター領域から追放される
皇帝の庇護下でネファンター部族はアマー領内のディレリックリージョンに
半自治領アマターを形成
ネファンター部族はアマター人と呼ばれるようになる
YC前3年 五大国が共同で国際治安維持組織コンコードを設立
YC0年 ジョビ帝国の巡洋艦ヤジウル上にてヤジウル会議開催
EST(EVE 標準時)が制定される
YC95年 アマー-ガレンテ間でジラニファ紛争勃発
クァフェ社の仲介で停戦に至る

地理

五大帝国の中で最も広大な領域を誇り、人類が居住している惑星の40%は帝国領である。
また、首都星系アマーはニューエデン第二の商業星系である。

領有リージョン

  • タッシュムーコン
  • ディボイド
  • ブリークランド
  • ドメイン
  • カドール
  • アリディア
  • コアゾール
  • ジェネシス

首都星系

  • アマー

皇室

皇族

皇帝は現在四皇家の候補者から選ばれる。
選ばれなかった候補者は自害する規則である。
また皇帝になると、その者は皇帝家の者となり、出身皇家との関係を全て断つ。
現皇帝である女帝ジャミル一世はYC110年に戴冠した。

コートチェンバレン

宮廷侍従は皇帝家に使える侍従達である。
特に宮廷侍従長ともなれば、皇帝の右腕だ。
皇帝不在時には代理発言権やある程度の裁量権もある。

ただしジャミル一世の即位以来、その権威は大幅に衰えている。
現在の侍従長はポミク・ハロミ。

皇家

皇位継承権を保持する五つの名家である。

アディシャパー家

保守派の皇家で国教の熱心な信徒でもある。
領地は発展はゆるやかだが、安定しており治安も良い。
現当主はヨニス・アディシャパー。

カドール家

帝国の権威の象徴であり、最も多くの皇帝を輩出した皇家である。
現当主はウリアム・カドール。

コロアゾール家

中道派の皇家で、どのような問題においても平和的解決策を模索する。
国民には好評であるが、有力者の敵も多い。
現当主はアーティシオ・コロアゾールである。

サルム家

好戦的で軍事産業と関係が深い皇家である。
そのため有事には進んで武器を取る。
現当主はメリメス・サルム。

タッシュムコーン家

タッシュムコーン家はクーニッド家の離脱を受けて皇家に昇格した。
純血のアマー人ではなく、ウード人を祖先に持つ。
しかし、封建社会の帝国でそれを跳ね除けるほどの富を持っていた。
現当主はカティス・タッシュムコーン。

法・政治

政治機関

アマー行政府

無数の役所と政府機関が網の目のごとく絡みあうただ中に息づく、帝国最大の雇用主である。
各種申請を円滑または迅速に終わらせる便宜をはかることで、かなりの政治的影響力をもつ。
現長官はバジ・ビハブニル。

アマー貿易登録局

アマー貿易登録局は領内の全ての商取引のみならず、外国との貿易や投資も全て監視と記録をする部署である。
現局長はエビアン・タルマシュ。

宗教評議会

宗教評議会は、思想警察と異端審問会と最高裁判所を兼ねた部署である。
調査だけでなく、尋問と投獄を独自判断で行う権限を持つ。
現会長はマーバン・モリトク。

民事裁判所

民事裁判所は宗教評議会の下位の裁判所である。
様々な権力に政治的な陰謀の手駒として利用されることもあるが、近年では比較的中立を保てている。
現所長はハシン・ソクラ。

帝国首相

皇帝に任命される、最高位の行政者であり、主に官僚相手の業務である。
現首相はセルード・サケクー。

管理省

帝国領内および周縁宙域のソーラーシステムを調査測量する部署である。
資源価値のあるアステロイドベルトや惑星の記録、採掘活動の監視、アマー系企業の採掘活動の調整も業務である。
現長官はウアデラー・ハディゼズ。

帝権保安省

反体制分子の摘発と根絶を担当する諜報機関である。
帝国領内の外国人、特にミンマター人テロリストの活動の監視も担当している。
現長官はシン・カロー。

戦略省

帝国の陸軍(地上軍)と海軍(宇宙軍)を統括する部署である。
両軍の編成と維持が業務である。
現長官はペリムン・アミン。

アマー公共ニュース

帝国の国営通信社である。
報道の中立性は高くはないが、実は検閲が入ることは稀である。
現CEOはパムー・メニンリ。

外交・国際関係

友好勢力

  • アマターマンデート
  • カルダリ連合
  • モーダスリージョン指令室
  • クーニッド王国

中立勢力

  • エンジェルカルテル
  • サーペンティス
  • サーバントシスターズオブイブ
  • CONCORDアセンブリ
  • インターバス

準敵対勢力

  • ガレンテ連邦
  • ジョビ帝国
  • シンジゲート
  • サッカー部族
  • ORE
  • コンシャスソウト学会

敵対勢力

  • ガリスタス海賊団
  • ブラッドレイダー盟約
  • サンシャ国

仇敵

  • ミンマター共和国

軍・治安維持

アマー海軍

アマー海軍の戦略ドクトリンは、圧倒的物量で押しつぶすことである。
その保有艦数は他の大国の二国分の更に倍である。
しかし、その中には旧式の艦船や装備も多く、実際どの程度まで戦力となるかは疑わしい。

帝国警備隊

皇位継承者の近衛隊。
アマー帝国軍の精鋭から選ばれる。
装備は帝国の軍事組織で最も充実している中の一つである。

第24隊帝国十字軍

帝国の義勇軍。
この世界に文明をもたらした者として、ミンマター人を迷妄から救い、迷える者たちを正しい道へ導くための組織。
代表はナルミド・レボン。

(※勢力間戦争コンテンツ、国家間戦争(Factional War)に参加するために個人又はコープ単位で所属する。)

聖ベネフィス信心会

帝国に対する反政府勢力の暗殺組織。
元々は宗教団体を隠れ蓑にした暗殺者ギルドである。

経済・産業

製造業

インヘーレイトインプラント

ニューエデン最大手のサイバーインプラント製造会社。
初期の顧客はアマー貴族や皇族であったが、現在は一般人向けにも製造している。
現CEOはハファ・ザンバナ。

インペリアルアーマメンツ

ニューエデン最大手の兵器製造会社。
技術的真新しさは無いが、信頼性と耐久性に優れた兵器を製造している。
現CEOはケフソーダ・アーキフ。

カータムコングロマリット

カルダリ連合のライ・ダイの資金提供を受けて設立された新興企業。
研究開発分野に強く、最新式のアマー艦船に採用されるハイテク機器は殆ど同社製である。
現CEOはタライ・ナキッド。

ゾアー&サンズ

創業1500年の老舗企業。
創業者ゾアーは宮廷に強力なコネを持つ有力貴族だった。
そのコネで業界トップクラスに伸し上がったが、ゾアーが死ぬと、たちまち凋落した。
現在ではほどほどの業績の企業である。
現CEOはアーダマド・ゾアー。

ノーブル電機

元々は、富裕層向けの特注宝飾品を専門とするメーカー。
現在では一般向けの製品も販売しているが、質にこだわった数量限定生産だ。
現CEOはサドマー・サーシャン。

ビジアム

業績不振に陥ったあるハイテク企業をカータムコングロマリットによる支援を受けて再編した企業。
その支援のおかげか、現在は急成長中の帝国産業界の注目株である。
現CEOはアレア・バザルガル。

鉄鋼業

ジョイント採掘社

ニューエデン最大の原材料卸業者。
その前身は農業会社と複数の採掘会社が合併したものである。
現CEOはミミアン・ミミアン。

ドゥシア鋳造所

ドゥシア鋳造所は精力的な採掘業者であり、商機を求めて国外進出した稀有なアマー企業である。
豊かな鉱脈のためならリスクをいとわず、重武装した採掘遠征隊を外縁リージョンにまで送り込むこともある。
現CEOはサシフ・ガマク。

HZO精錬所

ミンマター領とアマター領の間の危険な紛争地帯で操業している小規模な採掘会社である。
アマター政府とサルム皇家の後ろ盾と十分な武力支援で、紛争のさなかでも安全に操業できている。
現CEOはレサフ・ジオストゥ。

食品業

ナーチュラ

帝国最大手農業会社で、他の列強国に向けても食料輸出を行っている。
現CEOはムラタ・ファロラド。

辺境食品

アーディシャパー家とサルム家が共同出資する小さな農業会社で両家の軍の兵糧も担う。
基本的には両家のために食品を生産しており、余剰分が出た場合のみ市場に販売する。
現CEOはゾン・マダ。

流通業

インペリアル海運

元々アマー皇族向けの輸送サービスとして始まった輸送会社である。
数十年前から一般向け事業もしており、現在ではアマー帝国領全域で操業中である。
現CEOは、ネイサブ・イファナズ。

不動産・建築業

アマー建設

アマー帝国の老舗建設会社である。
ニューエデン初のスターゲート建設にも参加している。
現CEOは、サロヌ・シーバス。

民間軍事企業

アマーテンペラー

設立にアマー皇室が関わっている民間軍事企業である。

アメタットセキュリティ

インペリアル海運の子会社の民間軍事企業である。
元々は親会社の専属企業であったが、現在は一般向けにも操業している。

カメイラロッジ

アマー帝国の解放奴隷兵により設立された民間軍事企業である。
奴隷兵は殆ど戦死するものだが、僅かに生き延びて自由を手に入れる者もいる。
カメイラロッジは星団最強クラスの歩兵集団と言われており、その信用も高い。

シャイニングフレイム

YC110年の女帝ジャミル一世の戴冠後まもなく設立された民間軍事企業である。
経営者は不明であるが、サルム家の庇護下にあると言われている。

タルロモン傭兵団

タッシュムーコン家が経営する民間軍事企業で、その名前はウード人初の聖人にちなんで付けられた。
タッシュムーコン家は皇家の中で最も外国事情に関心が強いため、タルロモン傭兵団も外国での事業展開も行っている。

パラディン武装調査

ブラジアン兵団

ホールドファストシンジゲート

レッドアンドシルバーハンド

ロイヤルウーハンス

辺境諸公会


生活・文化


社会

封建制かつ神権政治をとっており、各領主が統治する領地を皇帝が統括する形をとっている。
ニューエデンで唯一奴隷制をとっている国でもある。

教育

アマー王立研究所

へディオン大学

帝国学院


人種






参考文献(サイト名敬称略)

「RACES OF NEW EDEN」 EVE COMMNITY
http://community.eveonline.com/backstory/races/>(アクセス:2014年6月27日)

「EVE Fiction Portal」 EVELOPEDIA
https://wiki.eveonline.com/en/wiki/Portal:EVE_Fiction>(アクセス:2014年6月25日)

「Timeline of New Eden」 EVE英語公式サイト
http://eve.com/>(アクセス:2014年6月27日)

「Backstory」 EVEonlineJP Wiki
http://wikiwiki.jp/eveonlinejp/?Backstory>(アクセス:2014年6月25日)

「EVEONLINE」 ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/eve%20online>(アクセス:2014年6月25日)

OLDMAN'S NEST
http://oldmans-nest.jpn.org/>(アクセス:2014年6月25日)

「国家と種族」 EVEONLINE日本語公式
http://eveonline.nexon.co.jp/introduction/background.aspx>(アクセス:2014年6月25日)

その他ゲーム内情報(アクセス:2014年6月25日)

  • 最終更新:2014-10-12 01:58:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード